ハローワーク飯山の管内概況

管内概況

1 地形と自然
 当所管内区域は長野県の北端に位置し、飯山市・中野市・下高井郡・下水内郡の2市2郡(1町3村)からなり、その面積は1,009k平方メートルで県全体の7.4%を占めている。東に上信越高原国立公園の志賀高原と三国山脈、西に新潟県境の関田山脈が連なる山なみにはさまれた南北に細長い盆地である。その中央を千曲川が豊かな水量をたたえて北流し県境で信濃川となって日本海に注いでいる。飯山市以北は全国的にも有数の豪雪地帯であり、暖冬傾向とはいえ例年12月下旬から翌年3月下旬頃までは積雪が多い。一方、中野市を中心とする南部は北に標高1,352mの高社山があるため比較的降雪量の少ない地域となっている。

2 交通と観光
 千曲川の西側に沿ってJR飯山線が走り、国道117号・292号を軸に道路網がはりめぐらされている。高速交通網では、上信越自動車道が県内を貫き、管内には信州中野、豊田飯山ICが設置されており、観光地等へのアクセス拠点となっている。北陸新幹線は、長野以北のルートの工事が急ピッチで進められており、飯山市内に新駅が設置される運びとなっている。
 観光地としては、土びなや作曲家の中山晋平・国文学者で作詞家でもある高野辰之の故郷として知られる中野市、また、オリンピック、パラリンピックの競技会場で国際的にも有名となった志賀高原や野沢温泉がある。この他にも斑尾高原・戸狩・木島平など十数ヶ所にスキー場があり、四季を通じて全国各地からの行楽客で賑わっている。また、野沢温泉・湯田中渋温泉郷は古くからの温泉地として有名である。

3 産 業
 県内有数の米産地である一方、りんご・ぶどう・桃などの果樹栽培、さらに、えのき・本しめじ・アスパラガスの栽培も国内主産地の一つになっている。
 製造業では、古くから栄えてきた伝統産業の仏壇・スキー・内山和紙などから、近年は電子・コンピュータ部品の関連業種や光学機器製造等が管内の主要産業とtなっている。そのため、地元企業からの人材に対する需要も増加傾向にあり、従来からの労働力の供給地的傾向に変化が生じ、若年者を始めとする地元就職の促進が課題となっている。
 また、旅館、ホテル・スキー場を主体とした観光レジャー産業では、東北地方等の県外からの出稼ぎ労働者を多く受け入れるなど、冬期間の雇用の場として大きな役割も果たしている。

ハロワーク飯山のページに戻る

ハローワーク飯山 〒389‐2253 飯山市飯山186‐4

TEL : 0269-62-8609

Copyright© Nagano Labour Bureau. All rights reserved.